HOME | 特殊清掃の作業とは

滋賀県の特殊清掃業者が解説

特殊清掃とは
遺品整理の作業風景

 特殊清掃とは、孤独死、孤立死、自殺、事件、事故、吐血等の現場で、腐敗した体液の消毒、除去、また死臭を特別な方法で消臭する作業のことをいいます。
 
 特殊清掃を行う事件現場には、血液や体液、死後一定時間経過したことによる腐敗物などがそのままの状態で残っています。特殊清掃では雑巾やブラシなどを使用し、床や壁にこびりついた血液や体液を落とすなどの清掃作業を行います。
 
また、通常の清掃作業と違い、故人が肝炎や、HIV、結核などのウイルスを持っていた場合、感染症を予防するための防護服などの準備が必須となります。
 
 体液に手を触れたり、空気中に漂うウイルスを吸引することで感染する恐れがあるのが特殊清掃の現場です。そのため専門の知識や装備が必要とされます。

消臭・除菌

 特殊清掃を行う事件現場では、見た目では汚れが落ちたように見えても、臭いや菌までは除去できていません。そのため、専用の薬剤や機材などを使用することで、臭いや菌の原因をできる限り除去していきます。
 
 使用する薬剤や機材は、現場の状態や臭いの種類などに合わせて選択していく必要があるため、消臭や除菌に関する知識や経験、そして機材の準備が必須となります。

害虫駆除

 特殊清掃の現場で発せられる死臭は、ハエやゴキブリなどの害虫を引き寄せます。そして、時間の経過とともに大量に繁殖していきます。
 
 特殊清掃においては、害虫駆除も重要な作業のひとつです。故人が感染症のウイルスなどを持っていた場合、これらの害虫が感染症の媒介者となり、ウイルスが外部に拡散する恐れがあるからです。
 
 このように特殊清掃では、現場の害虫を一匹残らず駆除することも特殊清掃業者の重要な役割になります。

ご相談の流れ1

私たちにお任せください

 特殊清掃は、一般的な清掃作業と違い専門性の高いものになります。様々なリスクを回避するためにも、安心できる業者に依頼されることをお勧めしております。
 
 滋賀県の特殊清掃は、株式会社アーバン・メイクにお任せください。専門の知識と技術、そして特殊清掃業者としての経験でお客様を強力にサポートさせていただきます。

お電話かメールでお問い合わせください。

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。
0120-685-639
※)当社の営業時間は、平日月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までとなります。 
 
 
メールでのお問い合わせはこちらから